全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2015年11月20日金曜日

むかし昔しのタヌキ @ シャトレーヌ洋菓子店清田店(北海道札幌市)


北海道札幌市 シャトレーヌ洋菓子店清田店のたぬきケーキ「むかし昔しのタヌキ」です。


北海道は面積が大きいということもあってか、たぬきケーキの生息が広範囲に渡って確認されています。今までも道南から道東のお店を訪問したり、日本最北端の稚内のたぬきケーキを(通販ではありますが)捕獲したりしてきました。今回はそんな北海道の中心、札幌のたぬきケーキを捕獲してきました。


場所は札幌駅から南東に位置する清田区にあるシャトレーヌ洋菓子店清田店。店内に入ると正面の大きなショーケースが目に入ります。洒落たケーキや懐かしめのケーキ、多種多様のケーキに迎えてくれます。
シャトレーヌ洋菓子店の創業は昭和52年(1977年)。最初は中央区行啓通に店を構えていたとのことですが、今はこの清田店と豊平区にあるスーパーへの出張店の2店舗体制だそうです。既に息子さんが二代目を継いでいるとのことですが、先代が作られているケーキもあるそうで、その一つがこの「むかし昔しのタヌキ」です。



こちらに生息するたぬきはかなり着飾っています。たぬきと言えばやはりこのイメージ、頭の上には葉っぱを乗せ、食いしん坊なイメージからか、手にはスプーンを持ち、そして首に刺さった星は…何かありましたっけ…。ジョースターの血を引くのかな? ケーキ界のスター?的な?うん、そうに違いありません。実際に食べる子供たちにとってはこういった装飾がワクワクするじゃないですか。

では…




割ってみると、ココアスポンジを土台にバタークリームをかなり盛って作られています。かなり食べごたえのあるタヌキです。

一時期は作るのをやめていたというたぬきケーキ。ただ、このブログでも紹介した2012年3月開催の「札幌洋菓子協会60周年記念 昭和の洋菓子再現フェア」で昔作っていたたぬきケーキを再現したところ好評で再び作り始めたんだそうです。チラシに載っているたぬきケーキ、見てみたら今と外観が全然違うじゃないですか。ネット上にアップされている画像を見ると、なんか年々装飾が派手になっているような気がします(2013年のタヌキ)。
今後、この装飾はどうなるのか目が離せません。タヌキの祖父母の気持ちで見守っていきたいと思います。


むかし昔しのタヌキ
シャトレーヌ洋菓子店 清田店
札幌市清田区清田3条2丁目7-8
定休日: 第3木曜日
営業時間: 9:00~20:00

2 件のコメント:

  1. 地元のたぬきケーキなのでとても嬉しいです!ありがとうございます!このたぬきの飾りは季節ごとに変わります。夏は葉っぱが緑でした。春はピンクの花を飾っていたと思います。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      シーズンで装飾が変わるんですね。
      首に刺さった星はクリスマスツリーのてっぺんの星をイメージしてるんでしょうかね?手に持ってるらしきヘラのようなものが何なのかも気になるところです。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...