全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2014年7月13日日曜日

タヌキのケーキ@お菓子の山彦(高知県四万十市)


高知県四万十市 お菓子の山彦の「タヌキのケーキ(130円)」です。

四万十市の古い商店街の一角にある「お菓子の山彦」、開店間もない朝8時半にお店に入ると、たくさんのたぬきケーキに迎えられました。

たぬきは群れませんがたぬきケーキはよく群れます

なぜこんなにたぬきケーキがあるんでしょう。実はこちらのたぬきケーキはドラマに出演したことがあるのです。フジテレビ系列で放送された「遅咲きのヒマワリ(2012年秋~冬)」がそれ。四万十市を舞台にしたこのドラマの中で、タヌキのケーキは主演の生田斗真さんに(文字通り)食べられる役どころ。リアルすぎる食べられ方が話題となりました(ドラマ見てないので憶測です)。
もともとは一緒に売られていたシュークリームが出演する予定だったようですが、現場で見ていたタヌキのケーキに監督の目が止まり急遽出演が決まったそうです。後日シュークリームからカスタードクリームをなすりつけられるなどの嫌がらせがあったとかなかったとか(憶測です)。

ドラマ放映後のタヌキのケーキ人気はすごかったようで、何個作っても午前中で売り切れてしまうことが続いているそう。今ではそれなりに落ち着いたとのことですが、開店の時点でこれだけの数が並べられていることからも人気者であることが伺えます。

お菓子の山彦は25年ほどやっているお店。結構長いですが「でもこの町の中では全然若いほう」だそうです。お店のある四万十市中村という地域、少し散策してみましたが古くて趣のある建物が軒を連ねていました。
ルーツは知り合いでもあった南海堂という市内にあるお店。そこで習ったものをオープン当初から作っているそうです。南海堂は現在もありますが今はたぬきケーキを作っていないそうなので、山彦のタヌキのケーキは今のところ四万十市に生息する唯一のたぬきケーキです。

現在は息子さんへと代替わり。先代曰く「息子の作るたぬきはちょっと上を向いている」とのこと。市内のスイーツフェスタへの出展では抹茶味や苺味のたぬきケーキにも挑戦しているそうです。四万十市にたぬきケーキがいつまでも生息してくれることを願ってやみません。

ではいただきましょう。四万十川の河川敷にベンチがあったのでそちらでいただきます。四万十の水で作ったという紅茶もいっしょに。




奥に見える赤い橋は「赤鉄橋」とも呼ばれる四万十橋。河川敷が広すぎて四万十川が見えない!(食べ終わってから沈下橋で撮ればよかったと気付く)


下半分の形のせいもあってかカステラ感のあるたぬきケーキです。頭は中にはバタークリームが詰まっています。当日は気温が高かったのでここで食べるまでにバタークリームがゆるくなっていましたがなんとか形は保っていました。

たぬきのケーキ
お菓子の山彦
住所:〒787-0033 高知県四万十市中村大橋通5丁目45
電話:880-35-5307
定休日:月曜日
営業時間:8:30〜19:30


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...