全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年10月9日水曜日

たぬきケーキ@【閉店】Pukuri(東京都品川区)


東京都品川区 武蔵小山にあるPukuriの「たぬきケーキ」と「しろたぬきケーキ」(共に280円)です。


絶滅危惧種、とまで呼ばれたたぬきケーキを探して結構になります。いろいろ探した結果、そこまで絶滅危惧種でもないことは分かりましたが、それでもたぬきケーキを作り続けてきたお店は減っている状況です。

今年の夏ぐらいから当ブログに聞き慣れない店名で検索してやってくる方が何名かいらっしゃいました(検索ワードに たぬきケーキ という言葉が含まれていると検索結果に当ブログが引っかかることが多いのです)。不思議に思ってそのお店を調べてみたら、どうやら最近できたお店のようです。もしかしたら作ってるのか?と思い訪ねてみることにしました。

そのお店の名前は Pukuri。武蔵小山駅から歩いて5分くらいのところにある小さなケーキ屋さんです。

お店につくと入り口に手書きで「たぬきケーキ」の文字。わ、ほんとに売ってるんだ!とお店に入る前からテンションが上がります。上がりまくりです。

通りに面したガラスには貼りだされた手描きのPOP。

ショーケースの中は苺のショートケーキやモンブランなど、懐かしめのケーキが並んでいます。その中でもひときわ目立つ一番上の段にたぬきケーキを発見。それもあまり見たことのない外観をしています。

たぬきケーキは2種類。奥にはなんかデカイやつも

お店の方にどうしてたぬきケーキを作り始めたのか聞いてみました。
「オープンした当初はたぬきケーキを作っていませんでした。あるとき来たお客さんに【たぬきケーキ】は無いの、と聞かれました。そのとき、たぬきケーキを知らなくてネットで調べたんです。そしたらとてもかわいらしかったので見よう見まねで作ってみました」

こうしてこの街に「新種」のたぬきケーキが生まれたわけです。これまでは新種は「発見」してきましたが、生まれてすぐに出会えたというのはものすごく貴重です。

たぬきケーキが全国に広まった理由はいくつかありますが、その一つに「他店で見たからうちでも作ってみようと思った」というのがあります。レシピに著作権はありませんので、それなりのケーキ職人であれば見た感じで作れてしまうものなんですね。そうやってたぬきケーキは昭和40年代〜50年代に広まったわけですが、21世紀になり、高度情報化社会の現代ではインターネットを介して広まるようになっていました。たぬきケーキはインターネットに乗って。多くを流してるは自分なんですけど。

2階が喫茶コーナーになっていましたので、早速そちらで撮影しながらいただきます。

街行く人々とたぬきケーキ

「たぬきケーキ」と「しろたぬきケーキ」を注文しました。鼻がついてるのがチャーミング。そういえばヒゲを描いてるのは見たことないかもしれません。


たぬきケーキからいただきます。カップのホイル部分を取ろうとしたらチョコがくっついてて悲惨なことになったのが上の写真です。


顔だけ取れました。中は生クリームです。カップタイプだと生クリームでも形を崩さずに成形できます。


続きましてしろいたぬきケーキ。撮影に時間がかかってしまって、ホワイトチョコが溶け始めています。そうそう、左耳にはオレンジピール?か何かでリボンを表しています。おしゃれだなぁ。


カップがとれないことがわかったので、いつもどおりフォークを突き刺して直接半分に割りってみます。


半分食べました。これがとろけたホワイトチョコレートと生クリーム、それがスポンジと絡まって、ほんとに美味しい。普通のたぬきケーキもいいですが、こちらのしろたぬきケーキはおすすめです。普段はしませんけど、帰り際にお店の方に「しろたぬきが美味しすぎなんですけど!」と言ってしまったくらいに美味しかったんですよ。ハードル上げ過ぎですけど、もしお近く行った際はぜひ足を運んでみてください。

ミニコミ渡したら一時的に飾っていただきました

2階の喫茶コーナーで写真撮りつつ食べていたら、「たぬきしゃーん!」とテンションの高い子どもの声が聞こえてきました。こちらのたぬきケーキ、既に周辺の子どもたちの心をつかんでいるようです。地元にあったケーキとして、いつまでも子どもたちの記憶に残るものであって欲しいなぁ。

Pukuri
たぬきケーキ 280円
住所: 東京都品川区小山3-8-2
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 火曜日・水曜日


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

4 件のコメント:

  1. 新聞の記事を見て初めてたぬきケーキを初めて知りました
    掲載されていたPUKURIさんの場所がわからずネットで調べていたところ、こちらのサイトにたどり着き、住所がわかったので行ってきました
    朝一番に行ったのですが、黒たぬきを注文で50個買った方がいたらしくその日は買えませんでしたが、
    白たぬきは2匹いたので何とか食べる事ができました
    はじめて生で見ましたがネットで見た他店のたぬきケーキの画像に比べ一個一個を丁寧に作られてる感じが伝わってきて、とってもカワイイたぬきでした★
    またお味もこちらのレビュー通り、
    ●ホワイトチョコと生クリームにレモンっぽい酸味が入りなんともいえぬハーモニーで絶品でした
    次回は食べれなかった人気者の黒たぬきを何とか捕獲したいです

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      Pukuriさん、繁盛してますね。よかったです。黒たぬき50個買っていった人すごい。幼稚園とかかなぁ。
      ほんと、丁寧に作られていてかわいい。しろたぬきは美味しいですよね。少しとかしてから食べるととろけるような食感が素晴らしいです。ああ、また食べに行きたい。
      もしよろしければ他の店のたぬきとも食べ比べてみてください。激動の時代を生き残った味がします。

      削除
  2. 昨日発売のan・anにPukuriさんのたぬきケーキが掲載されていたので早速買いに行ってきました。
    チョコレートが本当に濃厚で美味しかったです。
    どこか懐かしい感じのお店でまた行ってみたいです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      anan読んでくださったんですね。Pukuriさんはほんといいケーキ屋さんだと思います。これからも行ってみてください。
      Pukuriさんのたぬきは今風のたぬきといえます。昔からのたぬきケーキであるフランス製菓さんのたぬきも機会がありましたらぜひ食べてみてください。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...