全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2011年9月19日月曜日

たぬき@ミキヤ洋菓子店(山形県山形市)


山形県山形市 ミキヤ洋菓子店さんのたぬき(250円)です。




ミキヤ洋菓子店さんのことを知ったのは、山形テレビのサイトで取材の模様がアップされていたのを読んだのがきっかけです(こちら)。なかなかおもしろいので部分的に引用します。

先代インタビュー 「今から30年位前、1970年頃だと思う。 東京あたりでは結構出回っていた。 業界視察で東京に行って見てきて、これはいいんじゃないか。 喜ばれるケーキじゃないかと思って」

ご主人インタビュー「修行の時代、東京にはたぬきケーキがあった。 当時はバタークリームで作って、チョコレートでコーティングしていた。 今は時代とともに生クリームに変わってきたが」
ルーツは東京であること、すでにその段階で東京では多くの店舗で作っていたことがわかります。もちろん、東京のたぬきケーキがよそにある可能性もありますが。
また、このお店ではかつてはバタークリームで作っていたたぬきケーキが途中で生クリームに変わっています。同じものを作り続けるというお店もある一方で、時代にあわせて変化していくお店もあるということですね。

では改めて食べてみます。
もちろん近くの公園で食べます。
インタビュー通り、頭の部分が生クリームでできています。

なぜか頭が凸ってますが、本体が生クリームで柔らかいために、下のスポンジ部分に崩れないようにスポンジを固めた支柱が入っていました。持ち歩いているうちに支柱のあるところ以外が沈んで写真のように凸ったんじゃないでしょうか。

生クリームなので、かじるとあっさり崩れます。

スポンジの中にカスタードクリームな部分。

生クリームなのでとても美味しくいただけました。


これを公園で食べつつ撮影しつつやっていたら、公園で遊んでた子供に「あー、たぬき食べてるー!」って大声で言われました。この街の子供たちにたぬきケーキは人気なようです。


ミキヤ洋菓子店
たぬき 250円
住所: 〒990-0034 山形県山形市東原町3丁目2−1
電話: 023-622-5732


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...