全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2016年2月8日月曜日

子たぬき @ 梅月堂(鹿児島県日置市)


鹿児島県日置市 梅月堂 のたぬきケーキ「子たぬき」です。


湯之元温泉郷や薩摩焼で有名な湯田。こちらにもたぬきケーキが生息しているとのことで、その生息地、銘菓湯之元せんべいで知られている和洋菓子店「梅月堂」を訪ねました。

事前に予約して手に入れたたぬきケーキ、名前は「子たぬき」。その名の通り小さめのたぬきケーキです。

買ってしまったので空っぽ

梅月堂の石原代表のお話では、元々和菓子も洋菓子もやっていたものの、洋菓子職人が77歳という高齢なこともあって洋菓子事業は廃止。しかし、「たぬきだけは…」と惜しむ声も多かったことから、子たぬきだけは残しているそう。
そこまで数も作れないと思いますので、食べたい方は事前に予約したほうがいいと思います。


子たぬき。以前は親たぬきもいたらしいのですが、今は子たぬきしかおりません。さみしいのかしら。
小さなお腹(白い部分)と申し訳程度に盛り上がった腕の部分がとてもかわいい。


というわけでいただきます。



体の半分以上がバタークリームで占められていますが、あまりクドくはありません。チョコレートスポンジのせいでしょうかね。

帰り際、お店の方に「もしお時間おありでしたら寄ってみてはいかがですか」と温泉街のパンフレットをいただきました。オススメの温泉に印をつけていただて行く気まんまんだったんですが、車に戻った時点で帰りの飛行機まで余裕が無いことに気付き、泣く泣く断念。このあたりは昭和の名残のある建物なんかも結構残っているので、絶対にまた来たいと思いました。

鹿児島たぬきケーキめぐりから帰ってきた数日後、梅月堂の代表をしていらっしゃる石原様から直接メールをいただきました。それによると、以前はバレンタインデー限定でLOVEたぬき(親たぬきがピンクのハートを抱いたもの)や、たぬき以外にも豚やがらっぱ(鹿児島弁で河童のことらしいです)のケーキもあったんだそう。それは面白そう。見たかったなぁ。

子たぬき
湯之元せんべい梅月堂
住所: 〒899-2201 鹿児島県日置市東市来町湯田3320
電話: 099-274-2421
営業時間: 9:00〜18:00

※GoogleMapで梅月堂を調べると、少しズレたところが表示されますが、正しい位置は以下の場所です。湯之元駅からまっすぐ、信号を超えて少しいくとお店があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...