全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2016年2月10日水曜日

タヌキ @ のせ菓楽(鹿児島県薩摩川内市)


鹿児島県薩摩川内市 のせ菓楽 の「タヌキ」です。


のせ菓楽(からく)。少し不思議な語感ですが、大正時代から続く和洋菓子店で、そこから派生して製粉会社を経営していたり、併設のカフェにアートスペースを設けたりと菓子店という枠におさまらない展開を見せていて興味深いお店です(今は製粉会社の菓子部門がのせ菓楽とのこと)。


店内はシンプルながらとてもおしゃれな雰囲気。カウンターでたぬきを予約していた旨を伝え、隣の喫茶スペースへ向かいます。併設のカフェというとこじんまりとしたイメージがありますが、アートスペース(U1 SPACE)をも兼ねていて、とても広々としています。月ごとに個展が開かれているんだそう。

お茶とともに運ばれてきたたぬきケーキがこちら。ダルマ型のオーソドックスな外観です。


これをひっくり返してみると…


上の写真、わかりますか?この形のたぬきケーキですと、胴体部分は縦に層を成したスポンジ、もしくは横にしたロールケーキであるものが大半です。ところがこちらのたぬき、クリームはスポンジの周りにあり、それをチョコが覆っているという作りになっています。これは今のところここでしか見たことがないです。


のせ菓楽のお菓子は基本的に米粉が使われているようで、このたぬきも例外ではありません。とてもあっさりした味わいでした。

で、余談と言えば余談なんですが、のせ菓楽を訪れたのは2015年11月22日正午くらい。お店の方に「たぬきのケーキ食べ歩いてるんですよ」と何気なく伝えたところ、「もう一人そういう方いらっしゃってますよ」と紹介されたのが、以前からメールで情報をいただいていた方(実際にお会いするのは初めて)で、先方も私も、そしてお店の方も大変驚いていました。すごい偶然だったなー!


たぬき
のせ菓楽 (Facebook)  
住所: 〒895-0041 鹿児島県薩摩川内市隈之城町1892
電話: 0120-803-447

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...