全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年11月12日火曜日

プティフール・グラッセ・たぬき@シェ・リュイ 仙台パルコ店(宮城県仙台市)


シェ・リュイ 仙台パルコ店に潜んでいたたぬきこと、「プティフール・グラッセ・たぬき(158円)」です。


たぬきケーキというと「昔ながらの~」とか「商店街の~」とかが枕詞につきますが、今回のたぬきは仙台駅前のPARCOに生息。めっちゃ都会!(※個人の感想です) しかも、本店は代官山にあるという。めっちゃオシャレ!(※これも個人の感想です)
仙台にはよく行ってるけど、駅の直ぐそば、それもPARCOの中は盲点でした。そもそも仙台PARCOはタワレコ以外の場所に用が無いので完全にスルーしていましたよ。お店の名前はシェ・リュイ。パンとケーキで有名なお店で、本店は前述のとおり代官山にあります。

お店はPARCOの1階にあります。19時ぐらいでしたが、店内はパンを買いに来たお客さんでいっぱいでした。通路に面したショーケースの中にケーキが陳列されており、その中にたぬきが。たぬき以外にも動物ケーキシリーズとしてかえる、とり、うさぎ、くまというラインナップです。
こちらのたぬきケーキ、正しくは「プティフール・グラッセ・たぬき」というお名前。フランス洋菓子っぽい名前がついててなんだかとても偉そうですが、要はプティフールです。「プティフール・グラッセ」は生地がパイやシュー,スポンジのときに使う言葉みたいですね。

いつもは近くの公園などで撮影するのですが、今回は夜だったこともあり近くのインターネットカフェで撮影します。テーブルの変な模様がグラッセ感(※語感からニュアンスを感じてください)を醸し出していていい感じです。








お店のプレートには、
<引用>小さなタルトの上にオレンジリキュールを入れたバタークリームをのせてかわいいたぬきに仕上げました</引用>
と書かれていました。シェ・リュイさんのバタークリームはほんとに美味しくて、胃もたれするようなこってり感はありません。

話は戻りますけど、こちらのお店で感心したのは接客の仕方でした。購入したケーキの成分表示がプレートに書かれていますが、商品を渡す際にも改めて口頭でも確認していました。また、買ったときに「バタークリーム買われましたのでこちらを入れておきますね」と「バタークリームおいしく食べる方法」と書かれた小さな紙が。


いかにお客さんに安心して美味しく食べてもらうかということに全力で取り組んでるかがわかります。

お店の方に「この(たぬきの)ケーキはシェ・リュイさんの他の店舗でも作ってらっしゃるんです?」と訊いたところ、わざわざバックヤードに戻ってまで聞いてきてくださいました。混んでるときに大変申し訳無い…。で、結果「ここ以外では代官山店でもしかしたら作ってるかもしれません」とのこと。代官山に昭和のアイドルたぬきケーキが生息しているかもしれないというのはニュースです。

というわけで1週間後、代官山店に行ってきました。
作ってませんでした!以上!


プティフール・グラッセ・たぬき 158円
住所: 宮城県仙台市青葉区中央1丁目2-3
電話: 022-774-8127


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...