全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年11月27日水曜日

お月見たぬき@【季節限定】菓子工房石黒(東京都品川区)


東京都品川区中延の商店街にある菓子工房石黒の「お月見たぬき(320円)」です。




以前、荏原駅近くのシャンブレ洋菓子店というお店でたぬきケーキ(ブレロ)を捕獲しました。そこは店長が体調を崩されたということで2009年に閉店してしまったお店なんですが、そのことを書いた記事に匿名の方からコメントをいただきました。
ここは中延商店街にあるシャトー石黒が別れた店だったと思います
シャトー石黒でブレロはむかしは定番でしたが、今はお月見シーズン限定でになってしまいました
大変貴重な情報をありがとうございます。このときはシャトー石黒というお店の存在も、そこにたぬきがいるという情報も掴んでいませんでした。今は亡きシャンブレ洋菓子店の後を継いだたぬきを見られるということか…?

調べてみるとシャトー石黒は会社名になるんでしょうか。ケーキ屋としての名前は「菓子工房石黒」となっています。中延のアーケードが続く商店街「なかのぶスキップロード」、そのちょうど中間地点あたりにお店がありました。さてブレロは…


お月見たぬき…?
ブレロかと思いきや、名前も変わっています。見た目もちょっと黒い気が。
シャンブレ洋菓子店のブレロと比べてみましょう。

シャンブレ洋菓子店のブレロ

菓子工房石黒 お月見たぬき

見比べてみると頭部はちょこちょこ違いますが、胴体部分の感じはそっくりです。顔は作る職人さんによってかなり変わってきますので、にっこりした目、耳の色などはこのお店での進化ともいえます。

で、真相を伺おうと思ったんですが、店内が混んできてしまったのでたぬきを買ってそそくさと店を出てきてしまいました。お店の人やお客さんに迷惑を掛けないことをモットーにしています。押忍。

というわけで近くの公園で食べました。


今回新たに導入したバターナイフ(100円)



ココアスポンジで生クリームを包んだロールケーキが土台になっています。シャンブレ洋菓子店のブレロはロールケーキではなかった気がしますし、そういえばこちらにはしっぽもついてませんね。

帰ってから調べたんですが、元々こちらのお店は昭和8年から続く手作り飴のお店だったようです。昭和43年、現社長の代から洋菓子を作るようになったとのこと。で、平成11年からは3代目の洋菓子製造販売を中心にするべく現在のお店に改装したようです。飴は現在も作っていて、お店の1スペースを占めていました。商店街で3代続いている菓子店っていいですね。中延の商店街のケーキ屋として今後も続いていって欲しいです。今度はちゃんと話を聞きに行きたいなぁ。

菓子工房 石黒
お月見たぬき 320円(期間限定。秋季のみ?)
住所: 東京都品川区中延3-7-9
定休日: 水曜日
営業時間: 10:00~20:30




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...