全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年10月30日水曜日

【期間限定】チョコタヌキ@フェアリーケーキフェア グランスタ店(東京都千代田区)


東京駅グランスタにあるお店 フェアリーケーキフェア の「チョコタヌキ(450円)」です。

その日は東京近郊のたぬきケーキ狩りの日。たくさんの収穫を手に帰ろうと東京駅についたものの、新幹線の発車時刻まではまだまだ時間がある状態。さてどうしたものかと駅構内をうろうろしていたところ、いつもなら近づかないキラキラしたお店から視線を感じます。はて、この辺にはいないハズだが…と思って視線を感じるほうへ歩み寄ってみたところ、小さめのたぬきが多数整列していました。いや、たぬきだけではありません。パンダ、くま、カエル。地上最強の生物から両生類まで、宝石店を思わせるショーケースの中にきれいに並べられていました。


お店の名前は「フェアリーケーキフェア」。2007年、東京駅にグランスタができたと同時にオープンしたお店で、菓子研究家のいがらしろみさんがプロデュースしています。イギリス伝統のカップケーキにフランス菓子の製法とデコレーションを施したケーキが有名で、ちょいとおしゃれなお土産としてもいい感じです(日持ち当日中、要冷蔵なので地方に持って帰るのは辛いですけど)。

というわけで3個お持ち帰りします。イートインのスペースがありましたが、落ち着いて食べる時間もありませんので、家に持ち帰るべく保冷剤に保冷バッグも購入します。すべては家に帰ってからだ!


さて、新幹線乗車20分にして我慢できずに開封されたたぬきが↑の写真になります。幸い隣の席に乗客がいなかったのでよかったのですが、通路を挟んだ向こう側の席や時折通るアテンダントのお姉さんの目が若干気にはなりました。


新幹線は結構揺れるので勝手に動いちゃうんですよね。


そういえばこれもまた21世紀に生まれたたぬきケーキ。体は小さいですが思いつく限りの工夫が詰まっています。上半身の中は生クリームで、それを覆うチョコレート。頭の葉っぱは抹茶チョコです。




カップケーキタイプのものはカップに支えられている部分が大きいので、カップを取ると簡単に倒れてしまいます。中にスポンジの中にはストロベリージャムが入っていました。

こちらのアニマルケーキシリーズは季節限定ということなので(いつまでかは不明ですが…)、東京行かれた際にはぜひ行ってみてください。前述のとおりイートインスペースもありますので、その場でたぬきやくまの解体も可能です。


フェアリーケーキフェア グランスタ店
チョコタヌキ 450円
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1
    (銀の鈴の裏側のところです)
営業時間: (月~土)8:00 - 22:00 (日・祝)8:00 - 21:00

※お店は他にTarTarT アトレ吉祥寺店、ルミネ有楽町店にもありますが、チョコタヌキが売られているかどうかは不明です。売ってそうですけどね。


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...