全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年8月21日水曜日

タヌキ@長崎屋洋菓子店(静岡県富士宮市)


静岡県富士宮市 長崎屋洋菓子店 の「タヌキ(340円)」です。

富士山五合目に通じる道路沿いにある長崎屋洋菓子店さんは創業以来50年洋菓子一筋のお店。店内からも富士山が見られます。そんなお店の入ってすぐのショーケースに「タヌキ」がいました。


こちらのたぬきは他に見ないタイプの姿。仰向けになったたぬきが腹を出しています(白いクリームはお腹をあらわしています)。なかなかユーモラスでかわいらしい姿。

青森からたぬきケーキを探して来た旨と、近くに公園を探している旨を伝えると、店内で食べていってもいいよとのお許しが(本当は喫茶スペースは無くて店内飲食できません)。ありがたい。しかもケーキだけならなんなのでということで牛乳までいただきました。本当にありがたい。


こちらのお店はサヴァラン(上写真の一番右)もオススメとのことです。遠方からも買いにいらっしゃるそうですが、確かにこれは美味しかった。


で、こちらのたぬき。下半分の土台はロールケーキを横にしたものでした。基本バタークリームで作られていますが、やはりバタークリームだけでは飽きるためロールケーキを土台に使ったとのこと。また、たぬきケーキの作り方にはいろいろありますが、こちらのたぬきは「ロールケーキとバタークリームで成形したものを手で持ってチョコレートに漬ける」という方法で作ってるとのこと。土台がロールケーキだとこの作業がやりやすい(ケーキが持ちやすい)ということもあるようです。
ちなみにロールケーキはコーヒー味で、これはこれで大変美味しいものでした。



バタークリームが世間的に飽きられた時代、こちらでもたぬきケーキを作るのを一度やめていたようですが、かつて食べていた子どもたちが大人になって自分の子どもにも食べさせたいという復活を求める声もあり再び作るようになったそうです。

こちらのお店ではたぬきケーキやサヴァランといった昔ながらのケーキの他に、タルトやミルフィーユなど、時代の流れに沿ったケーキも種類多く作っていました。ご主人が作られてるのかと思って伺うと、2代目として娘さんが頑張っているとのこと。ケーキが入っているショーケースの半分はご主人が作るケーキで、もう半分は娘さんが作る今風のケーキになっているとか。多くのケーキ屋さんでは後継者問題を抱えていますが、こちらのお店はその心配がないようです。1代で築き上げた優しい味のケーキをいつまでも伝えていって欲しいと思いました。

富士山、世界遺産登録記念に1枚


長崎屋洋菓子店
タヌキ 340円
住所: 静岡県富士宮市万野原新田3324-10


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

2 件のコメント:

  1. このブログで存在を知りさっそく買いにいきました!ありがとうございました!

    返信削除
  2. なまちゃん2014年7月18日 8:40

    富士宮が実家で、帰省の時は必ず食べます。今、『あさいち』の放送で見ていて・・・まぁ、懐かしい。長崎屋さんの『たぬきのケーキ』は、本当に美味しいです。いつまでも作り続けて欲しいです。

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...