全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年7月31日水曜日

ブレロ@洋菓子ひょうたん屋(神奈川県小田原市)


神奈川県小田原市 洋菓子ひょうたんや のたぬきケーキ「ブレロ(260円)」です。


小田急線 蛍田駅から徒歩10秒、住宅や団地に囲まれて建っているこちらは、いかにも町のケーキ屋然とした佇まいです。



ショーケースには昔ながらのケーキが並び、その中でも40年ほど前から作っているというたぬきケーキ「ブレロ」はやはりお子さんたちの人気を集めているようで、一番目のつくところに陳列されていました。



早速たぬきを近くの公園に連れ出します。箱を開けると保冷剤で冷えたたぬきが見上げていました。
訪れたこの日、季節は7月。30度を超える気温にたぬきが少し溶けてきました。「ほんとは夏は作りたくないんだけどね」とはお店の人の弁。
確かに溶けやすいですし、お店によっては暑い時期は作らないところもあるようです(静岡の川口屋さんもそう言ってましたけど)。


撮影はお店近くの団地に囲まれた公園で撮影したのですが、なんとなく高いところから視線を感じましたが気にしないで続けます。

それでは。


暑さのせいでクリームが若干やわらかくなっています。



バタークリームは頭の部分だけに使っていて、胴体部分はチョコを染み込ませたスポンジでした。味も懐かしも優しい感じ。

ところでこちらのひょうたんやさん、となりにもう一軒ひょうたんやさんがあります。
この2軒はつづきになってまして、隣のひょうたんやさんは昔ながらの駄菓子屋さんでした。おそらくご家族と思われるおばあさんが
駄菓子や自分で作ったお餅などを販売しています。この駄菓子屋の雰囲気が大変懐かしく、ドキドキしながらお菓子を物色してしまいました。
もし小田原市は蛍田近辺に行かれる際には、両方のひょうたんやを訪れてみてください。

洋菓子ひょうたんや
ブレロ 260円
住所: 神奈川県小田原市蓮正寺370


より大きな地図で 全国たぬきケーキ生息マップ を表示

2 件のコメント:

  1. 私も、ブレロが大好きです。小さい頃から食べてます。素朴な味がたまりません!

    返信削除
    返信
    1. ここいいですよね。いかにも昔ながらのケーキ屋さんといった風情で。
      包装紙がオリジナルなのもいい感じです。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...