全国たぬきケーキ生息マップ

閉店情報

2016年11月19日、神奈川県藤沢市湘南台のボナール洋菓子店湘南台店が閉店いたしました。
2015年12月31日、東京都品川区武蔵小山のプクリ(Pukuri)が閉店いたしました。
2015年12月15日、北海道浦臼町のアンデルセン(旧 小田菓子舗)が閉店との情報が食べログにありました
2015年11月30日、北海道北見市の羽前屋大通り店閉店というニュースが出ています。羽前屋の他の店舗は営業しています。
2015年3月31日、秋田県由利本荘市のとみや菓子舗駅前店が閉店いたしました
2015年3月30日、茨城県大洗の「コルン」も閉店したそうです。
※閉店情報をご存知の方おられましたらお知らせください

2013年4月23日火曜日

マンガ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」のたぬケーキと大人への階段

とある漫画にたぬきケーキ描かれている、ということで買って読んでみました。



おおほんとだ!

これは小杉光太郎さんの「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」という作品で、ローカルアイドルが主人公のいわゆる萌え4コママンガ。流川市という架空の都市で、ひょんなことからローカルアイドルになった主人公が、地元を盛り上げるために奮闘する話なんですが、その中で地元商店街にある商品として「たぬケーキ」が出てきます。これ、どう見ても千葉県流山市 ケーキハウス エーデルさんのたぬきですね。

このコマのあとに実際に食べるシーンがあるんですが、頭だけ食べたり、縦に割いたりと残酷に食べる描写が描かれてました。素晴らしい。残酷に食べる、これぞたぬきケーキを食べる醍醐味の一つだと思います。頭だけ噛られたり、手足を折られたり。残酷に食べられるのは、たぬきケーキのみならず、動物を象ったお菓子の持って生まれた宿命というべきものでしょう。

幼い頃、初めてたぬきケーキを食べたときは「かわいい」と「あまい」しか感じなかったと思います。しかし、成長するにつれ、顔を崩して食べることに、怖いような、少しワクワクするような、変な感情を抱くようになります。「罪悪感」と「嗜虐心」。意味を知るのはまだ先のことですが、たぬきケーキを食べることで、知らないうちに大人への階段を1段のぼっているんでしょうね。

知りませんけどね。

嗜虐心

嗜虐心

振り返ってみれば嗜虐心ばかりで罪悪感の無い当ブログですが、ここはぜひ、お子様の情操教育に、たぬきケーキはいかがですか。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...